Home ホーム > 基礎知識 > オリンピック・パラリンピックについて > オリンピック聖火リレー

オリンピック聖火リレー

ギリシャで行われる採火式の様子

オリンピック聖火とは、オリンピアで採火された火をいいます。採火された火は、多くの人々によってリレーされ、オリンピックの開催地に運ばれます。

古代の精神を受け継ぐ聖火

古代ギリシャでは、聖なる火は国の繁栄と人々の幸福に関わると考えられていたため、神殿や市庁舎では必ず火を燃やし続けていました。
人々が国外に移住するときには、この聖なる火もリレーしながら移動させ、移住した先の神殿に灯しました。聖火は、人々と社会の繁栄と幸福の象徴でした。
現在、オリンピックの聖火は、ギリシャのオリンピアで太陽光線を集めて採火しています。オリンピック大会で最初に聖火が点灯されたのは、1928年の第9回アムステルダム大会です。そのときには競技場外に灯されました。

聖火リレーの始まり

聖火リレーには、聖火を通してオリンピックの理念を広めたいという思いと、都市の繁栄と幸福をもたらすようにという願いがこめられています。聖火リレーが始まったのは1936年の第11回ベルリン大会です。ベルリン大会組織委員会の事務総長を務めたカール・ディームが発案しました
ディームは、ドイツの体育・スポーツ史家であり、古代と現代とをオリンピックの火で結び、そのリレーを通じて国同士が協力することに意義があると考えました。IOCもディームの創案による聖火リレーに賛同し、オリンピック初の聖火リレーが実施されました。

東京2020におけるオリンピック聖火リレー

関連リンク