Home ホーム > 最新ニュース

ミライトワとソメイティが利島村立利島小中学校に訪問!利島村大運動会に参加しました。

2018年10月15日

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、2017年度に実施した東京2020マスコット小学生投票における「2020賞」受賞校のマスコット訪問第2弾として2018年9月29日(土)に利島村立利島小中学校で行われた「利島村大運動会」に池谷幸雄さん※と共にミライトワ・ソメイティが参加してまいりました。

※池谷幸雄さん(オリンピアン、体操/ソウル1988大会 団体・個人床銅メダル、バルセロナ1992大会 団体銅メダル、個人床銀メダル)

綱引きを応援するミライトワとソメイティ

先生方へのインタビュー「利島の良さを発信できるような大会に」

まず、東京2020マスコットやアスリートの訪問を終えての感想をお聞かせください。

宮崎校長)全国で約16,000校あるうちの8校の中に選ばれて大変光栄ですし、この幸運をありがたいなと率直に感謝しています。

江田教諭)池谷さんは、私が小学生の頃にオリンピックに出られていたので、間近で会えて嬉しかったです。マスコットはとても可愛いらしく、子供たちも好きそうだなと思いました。

参加者と一緒に準備運動をする池谷さん
応援合戦に参加するミライトワとソメイティ

利島小学校では、なぜ、マスコット投票に参加していただけたのでしょうか。

宮崎校長)世界最大のスポーツの祭典に投票という形で子供たちが参加できるということで、是非子供たちにオリンピック・パラリンピックを意識してもらいたい、大会を楽しみにしてもらいたい、という思いから参加を決めました。

オリンピック・パラリンピック教育の実施を通じて、子供たちに見られる変化は見られますか?

江田教諭)東京都から配布されている教材等を活用して、「オリンピックの起源って何?」とか「どんな種目があるの?」といった学習をしたことで、子供たちが運動に親しみ、オリンピックやパラリンピックを応援していきたいという意欲がかなり高まってきていると思います。

赤組と白組の団長による選手宣誓
応援をする子供たち

東京2020大会に向けて、学校で取り組まれていることを教えてください。

宮崎校長)毎年、本校ではロードレース大会を実施していて、昨年度は、子供たちが練習で走った距離を東京1964大会の聖火リレーコースに照らし合わせていく、という取組を実施しました。今度は東京2020大会の聖火リレーコースに変えて、子供たちにオリンピック・パラリンピックを意識させながら、ロードレースに参加させたいと思っています。

江田教諭)何度かオリンピアン・パラリンピアンに来ていただいて、子供たちは様々なオリンピック・パラリンピックの競技種目に触れてきました。今後もそのような活動を通じて、「体を動かすことが大好きな子供たち」になってくれるといいなと思っています。

東京2020大会に期待することについて教えてください。

宮崎校長)日本選手のメダル獲得はもちろんですけども、選手たちには精一杯パフォーマンスをしてほしいなと思います。もう一つは、日本や東京の良さを世界に見せられるような大会になるよう、大いに期待をしています。

江田教諭)本校は外国語活動に力を入れてまして、島外学習といって、島外で外国人と触れ合う活動をしています。子供たちが外国の方と交流して、利島や日本の良さを発信できるような大会になってくれるといいなと願っています。

校内に掲示されている英語の修学旅行レポート
いかだ流しに参加する子供たち
参加者全員で踊った利島音頭

インタビューにご協力いただいた方

利島村立利島小中学校 校長 宮崎 剛さん(左)
教諭 江田 義亘さん(右)

インタビューにご協力いただいた宮崎校長(左)と江田教諭(右)

ジュニアレポート

「がんばれ!東京2020大会」

いよいよ東京2020大会が2年後にせまってきました。そのころ私は中学1年生なので、とても楽しみです。今年利島小中学校では、落語家の方を招いて日本の伝統を学びました。また、きり絵の実演を目の当たりにし作品もいただきました。日本の文化の素晴らしさを再発見しました。また、本校ではオリンピアンやパラリンピアンに毎年来ていただいています。今まで、新体操の畠山さんや、義足のジャンパーの鈴木さん、ブラインドサッカーの選手の皆さんなどが来てくれています。私たちは、その競技の技術の高さを知りました。また、ハンディキャップがあるのに前向きにがんばっている姿がすごいと思いました。私は今、柔道の練習に取り組んでいます。大外刈りの技を高めて、出場する大会でメダルを取りたいです。目標に向かって努力することをこれからも続けていきたいです。

「利島に池谷幸雄さんと東京2020マスコットがきた」

9月29日(土)に、利島村大運動会が行われました。台風が近づいていて、小雨が降る中、池谷幸雄さんとミライトワとソメイティが応援に来てくれました。ミライトワとソメイティは応援合戦に参加してくれました。一緒にやってくれたので、自然と応援する声が練習より大きくなりました。合羽と長靴をはいたコスチュームが、めったに見られないと言っていたので、見ることができて幸せでした。正午くらいに雨が強くなって、運動会は中止になりました。でも、池谷さんが私たちのために体操教室を開いてくれました。連続でバク転や倒立で歩くなどの技を見せてくれました。さらに、マット運動が上手くなるコツを分かりやすく教えてくれました。本物の技に見とれてしまうほど、すごいなと思いました。

ジュニアレポーター

東京都利島村立利島小中学校5年 横内 ななさん

ジュニアレポーターの横内ななさん

フォトギャラリー

池谷さんにお持ちいただいた4つのメダル
玉入れを応援するミライトワとソメイティ
ライン引きをするミライトワとソメイティ
池谷さんの体操のデモンストレーション
参加者全員での集合写真

関連リンク

ミライトワ、ソメイティが訪問した利島村大運動会の様子は公式サイトのニュースをご覧ください。
東京2020マスコット、利島村大運動会に参加!

「2020賞」の詳細は東京2020マスコット投票ページをご覧ください。
東京2020マスコット投票とは?