Home ホーム > 最新ニュース

ミライトワとソメイティが茨城県を訪問!利根町立文間小学校で児童と一緒にサッカーに挑戦しました。

2018年12月18日

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、2017年度に実施した東京2020マスコット小学生投票において、「2020賞」を受賞した小学校に対し、東京2020マスコットやアスリートが訪問し、体育の授業や運動会等への参加を通して、小学生の皆さんと交流を深める事業を実施しております。

このたび、2018年11月22日(木)に、「2020賞」の2,020校目を受賞した茨城県利根町立文間(もんま)小学校を、東京2020マスコットと中田浩二さん(オリンピアン、サッカー/シドニー2000大会)が訪問し、サッカーを通して児童たちとの交流を行いました。

ミライトワとソメイティと参加者全員の集合写真

まずは、全校児童と教員、保護者の合計約250名の方々と、オリンピック・パラリンピックやサッカーに関するクイズ大会を実施しました。東京2020オリンピックマスコットのミライトワと、東京2020パラリンピックマスコットのソメイティは、中田さんと一緒にボールを使ったクイズの解説に参加しました。

ミライトワによるボールを使ったクイズの解説
元気にクイズに答える児童たち

次は、5年生と6年生、合計68名を対象とした、中田さんによるサッカー交流プログラムを実施しました。中田さんはリフティングを披露し、児童たちはそのボールコントロールに驚いていました。

授業の流れを説明する中田さん
リフティングを披露する中田さん
サッカー部の児童とリフティングをする中田さん

プログラムの途中ではミライトワとソメイティが再登場。サッカーの基本となるドリブルとパスのお手本を見せてくれたほか、ボールを使ったパスリレー(※)の応援をしてくれました。※カラーコーンまでドリブルをして、折り返したら次の人にパスをする。

ドリブルのお手本を見せるミライトワ
パスのお手本を見せるソメイティ
ボールを使ったパスリレー
パスリレーを応援するミライトワとソメイティ

プログラムの最後に行われた質問コーナーでは、中田さんから選手時代の一番印象に残っている試合のことや目標に向かって頑張っていくことの大切さについて答えていただき、とても貴重な話を聞くことができました。

児童からの質問に答える中田さん
6年生とミライトワとソメイティの集合写真

校長先生インタビュー「子どもたちにとってかけがえのない財産となるように」

本日の感想をお聞かせください。

子どもたちは今日の学校訪問イベントをとても楽しみにしていたこともあり、非常に喜んでいました。子どもたちにとって、アスリートや東京2020マスコットとのふれあいは格別なものになったと思います。有名な方にお会いする機会もなかなか無いので、本当に貴重な機会をいただけたと感謝しています。

校内に掲示された文間小学校の3つのちかい

マスコット投票に参加したきっかけや理由を教えてください。

東京2020大会に小学生も参加できる取組ということで参加しました。投票前は東京2020組織委員会のウェブサイトに掲載されている「オリンピック・パラリンピック学習読本」を活用して、オリンピック・パラリンピックの意義や歴史、日本の伝統文化等を学びました。そして、最終候補3案の紹介動画(※)をもとに、各クラスで意見を出し合いながら投票に参加しました。

※現在は公開を終了しております。

オリンピック・パラリンピック教育に期待する効果について教えてください。

日本でオリンピック・パラリンピックが開催されることは、子どもたちのこれからの生涯にとってかけがえのない財産になると思います。その体験をより充実したものにするためにも、オリンピック・パラリンピック教育はとても重要だと思います。そして、その教育的効果は3つあると考えています。

1つ目は、世界の方々をお迎えするので、日本の心やおもてなし、日本文化の再確認ができると思います。2つ目はパラリンピックについて学ぶことによって、障がいに対する理解が広がっていくと思います。3つ目は、スポーツが感動を呼び起こしたり、選手が記録に対して無限に挑戦していくといった、スポーツの持つ価値や態度の変化も子どもたちに期待できると思っています。

校内に掲示された文間小学校の取組

最後に、東京2020大会に期待することがあれば教えてください。

大学生や大人はボランティアとして関わることができるのですが、小学生でも何か大会に関わることができればいいなと思います。また、世界のトップアスリートを身近に見ることができる貴重な体験になると思うので、子どもたちには是非会場に足を運んでいただき、オリンピック・パラリンピックの雰囲気や迫力を生で感じてもらいたいです。そして、感じたことや影響されたことをきっかけに、何かに向かって頑張っていくようになってもらえれば嬉しいです。

インタビューにご協力いただいた方

利根町立文間小学校 校長 戸張 深雪さん

インタビューにご協力いただいた戸張校長先生

ジュニアレポート「中田浩二さんのサッカーの特別授業」

2018年11月22日(木)、文間小学校に元日本代表サッカー選手の中田浩二さんと東京2020大会のマスコットのミライトワとソメイティが来てくれました。最初の全校集会で、中田さんとミライトワ、ソメイティが登場した時には、体育館中が歓声に包まれ、「すごい!」「かわいい!」という声もたくさん聞こえました。ミライトワの特技についてのクイズもあり、ミライトワが瞬間移動できることにも驚きました。その後、5、6年生は、サッカーの特別授業を受けることもできました。中田さんにドリブルの仕方を教わり、始めは難しく感じたけれど、中田さんのアドバイスを聞いてからは、徐々にボールにも慣れ、ドリブルが少し上手にできるようになって嬉しかったです。この日は、文間小学校にたくさんの笑顔が見られたので、東京2020大会も、世界中に笑顔があふれるような素晴らしい大会になってほしいです。

ジュニアレポーター

利根町立文間小学校6年1組 松澤 瑠莉さん

ジュニアレポーターの松澤瑠莉さん

関連リンク

「2020賞」の詳細は東京2020マスコット投票ページをご覧ください。
東京2020マスコット投票とは?

ミライトワ、ソメイティが訪問した学校訪問の様子は公式サイトのニュースをご覧ください。
東京2020マスコットが茨城と埼玉に登場、児童たちと競技を体験

東京2020マスコットの詳細プロフィール
東京2020マスコットのプロフィール

ミライトワ、ソメイティの2020賞校への訪問以外の活動がご覧になれます。
マスコットの活動日記