Home ホーム > 参加する > イベント・プログラムを探す > 東京2020算数ドリル(2019年度版)

東京2020算数ドリル(2019年度版)

笑顔で算数ドリルを手にする小学生たち

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、「東京2020算数ドリル実行委員会」(トヨタ自動車、キヤノン株式会社、JXTGエネルギー株式会社、株式会社NTTドコモ、富士通株式会社、株式会社 明治、凸版印刷株式会社、東京2020組織委員会)を組織し、子どもたちがスポーツの魅力を感じながら算数を学ぶことができるよう、「東京2020算数ドリル」を制作・配布しております。
「東京2020算数ドリル」は、東京2020大会の全55競技を取り入れた問題で構成されています。2019年度版ドリルはA巻とB巻で構成され、A巻はオリンピック競技、B巻はパラリンピック競技に関連した問題が掲載されています。子どもたちが楽しく算数を学習しながら、競技についても自然に学べる内容となっています。
2018年度はモデルエリアとして東京都渋谷区内の公立小学校全18校の小学6年生(約1,000人)に展開しました。2019年度は東京都内の全公立小学校1,273校の小学6年生(約10万人)に配布しました。
2020年度版東京2020算数ドリルの作成予定はございませんが、以下条件にご了承いただいた場合に限り、2019年度版のデータを無償で提供します。

  • ・印刷、製本、運搬費を自治体が負担し、自治体単位で小学校に配布すること
  • ・2019年度に東京都内で使用したドリルと同等の品質を維持すること
  • ・東京2020参画プログラムに申請、承認を得ること
  • ・教育委員会などの教育関係者に配布についての了承を得ること

データの提供をご希望の場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください。

2019年度版ドリル概要

名称
  • ・東京2020算数ドリル 2019年度 A巻(オリンピック版)
  • ・東京2020算数ドリル 2019年度 B巻(パラリンピック版)
対象

東京都内全公立小学校 1273校 第6学年(児童数約10万人)

ドリル制作

東京2020算数ドリル実行委員会(トヨタ自動車株式会社、キヤノン株式会社、JXTGエネルギー株式会社、株式会社NTTドコモ、富士通株式会社、株式会社 明治、凸版印刷株式会社(幹事兼)、東京2020組織委員会)

問題制作

東京2020算数ドリル作成委員会(東京都内の有志の教員7人で構成)

構成

問題を解くことでその競技や選手への関心を高める構成

  • ・A巻:オリンピック競技に関する数字を活用した問題
  • ・B巻:パラリンピック競技に関する数字を活用した問題
算数ドリル(2019年度版)オリンピック版表紙
算数ドリル(2019年度版)オリンピック版問題
算数ドリル(2019年度版)パラリンピック版表紙
算数ドリル(2019年度版)パラリンピック版問題

お問い合わせ先

東京2020お問い合わせ窓口:
電話番号 0570-09-2020(有料)
受付時間 平日9:00~17:00 ※土日祝日、年末年始を除く

関連ニュース