Home ホーム > 教材・取組事例 > 教材等を探す > I’mPOSSIBLE

国際パラリンピック委員会公認教材「I’mPOSSIBLE(アイム・ポッシブル)」

国際パラリンピック委員会公認教材「I’mPOSSIBLE(アイム・ポッシブル)」について

学校教育を通じて、より多くの子どもたちにパラリンピックの魅力を伝えるため、国際パラリンピック委員会が開発した教材です。教材の名前「I'mPOSSIBLE」には、「不可能(Impossible)だと思えたことも、ちょっと考えて工夫さえすれば何でもできるようになる(I'mpossible)」という、パラリンピックの選手たちが体現するメッセージが込められています。

I’mPOSSIBLE教材概要紹介動画イメージ

I’mPOSSIBLE教材概要紹介動画イメージ
I’mPOSSIBLE教材概要紹介動画のダウンロードはこちら(54MB)

※全国の小中高等学校、特別支援学校に1セットずつ、I’mPOSSIBLEの教材キット(印刷物・DVD・教師用指導案・教師用授業ガイド)を送付しています。万一キットが送付されていない場合は、I’mPOSSIBLE日本版事務局までメールでお問い合わせください。

※I'mPOSSIBLE日本版は、国際版教材の内容をもとに、日本財団パラリンピックサポートセンターと日本パラリンピック委員会が公益財団法人ベネッセこども基金と共同開発しました。

※I'mPOSSIBLE国際版(英語)は下記リンクをご覧ください。

About I'mPOSSIBLE

構成

  • ・本教材は大きく分けて「パラリンピックの価値」と「パラスポーツ」の2つのテーマに沿って構成されています。
  • ・授業案は、教室で行う座学とパラリンピック競技を体験する実技の2種類あり、それぞれ45分(1時限)を基準としております。
  • ・2020年までに、追加の授業セットを順次公開いたします。

お問い合わせ

I'mPOSSIBLE日本版事務局

iampossible(at)parasapo.tokyo

※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

ダウンロード用教材